婚活がうまく行かない理由

「婚活、スタートしてみたものの、思い通りに進んでいない…」「疲れてしまった…婚活やめたい」
あなただけではありません。婚活経験者の多くが、同じことで悩み、解決し、先に進んでいます。
ここで婚活方法を整理し「なぜうまくいっていないのか?」「何を見直せばいいのか?」一緒に考えてみましょう。

1.お見合いが組めない

お見合いが組めない

お見合いが組めないのでは、確かに婚活は思い通りに進まないことでしょう。ですが、もう一歩踏み込んで考察してみましょう。「なぜ、お見合いが組めないのか?」その理由が重要です。

 (組めない理由 その1)利用できるデータが少ない/会いたいと思える人がいない

結婚相談所が利用できるデータ量は、その相談所がどこのシステム(連盟)に加盟しているか?で決まります。もちろん、規模が大きければ、それだけ登録されている会員数も多くなります。「じゃあ、規模が大きいシステムが使える相談所が一番いいってことだね!」となりそうですが、他にも確認しておくべき点があります。それは、あなたが活動する地域に強いシステムか?あなたの年代層に強いシステムか?という視点です。たとえシステムの規模が大きくても、例えばあなたが関西で活動しようと思っているのに、その相談所が加盟しているのが関東に強いシステムだったら…?40代再婚なのに、20代の初婚希望ばかりが集まるシステムだったら…?
システムの規模に関わらず、あなたが会いたいと思える人がいなければ、そのシステムには価値がありません。

この場合、別の結婚相談所への乗り換えは有用です。乗り換えて現状を打破できる可能性は高いと言えます。
ただし、乗り換える時は必ず次の2点の確認をしてください。:

  • 現所属の相談所とは別のシステムが利用できるか?
  • 自分の条件にマッチしたシステムが利用できるか?

 (組めない理由 その)申込人数に制限がある

例えば、月に申込める人数は5名まで、と制限がかけられている場合「自分が会いたい人とお見合いを組む」ことはかなり困難です。月初めに5名、お気に入りの人に申込んで返事を待つ…残念ながら5名とも不成立の場合は、翌月まで何も手が打てないまま時間が過ぎるのを待つほかありません。そして翌月も早々に5名お気に入りの人に申込んで返事を待つ…その繰り返しが婚活の全てになってしまいます。もちろんあなたに入った申受けの中からOK返事を出せば、お見合いは成立しますが、そうコンスタントに申受けが入るかどうか?また、あなたが「会いたいな」と思える人から申受けがはいるかどうか?いずれにしろ、待ちの姿勢の婚活となり、自分らしい婚活をしたい人にとっては時間のロスが大きいでしょう。

この場合、すぐに乗り換えを検討せず、所属する相談所に別のコースがないか確認してみましょう。多くの相談所は、会員の希望に応じて複数のコースをご用意しています。例えば、月会費やお見合い料がリーズナブルなコースの場合は、申込人数に制限をかけている相談所も多いのです。申込み人数が増えれば、それを処理する事務作業も増える=人件費がかかるわけですから、そこはやはり「費用とサービスは比例する」と考えてください。
もし、所属する相談所が複数コースを用意していない場合は、打つ手がありませんので、思い切って乗り換えを検討しても良いと思います。

 (組めない理由 その)マッチングしない層にばかり申込んでいる

お見合いは【あなたが選ぶ】一方で【お相手から選ばれて】初めて成立するものです。一部の人気層には申込が殺到しており、そうした層にばかり申込んでいたのでは、それはお見合い成立は難しいでしょう。
「高望みだと言いたいの?」
という声が聞こえてきそうですが、少し違います。
自分の理想は大事にしてください。会いたいとさえ思えない人とお見合いをしたところで、先は望めないですよね。ですが、今あなたが挙げている「お相手への条件」は、本当にその全てがあなたの理想の結婚生活に必要なものですか?そこを再考してみる価値はあると思います。
お見合いが組めないという事は、今あなたが挙げている条件が多すぎるのです。必ずしも必要ではない条件は整理して、条件緩和を行いましょう。それでずいぶん、お見合いは組みやすくなると思います。

2.仮交際に入れない

(仮交際に入れない理由 その1)いつも自分がお断りをしてしまう・・・

この理由は、女性さんに多いですが、理想が高い男性にも多いです。
ご自身の理想像が高すぎて、初対面でお会いしたお相手と「自分の理想」を比べてしまい、即決してしまう方が多いように思われます。

お相手が「思っていた感じでなかった」「写真と違った・・」
など、お見合い前の期待と違うことはあるかもしれませんが、『どこが違ったのか?』を、担当カウンセラーと、よく話し合ってみましょう。

アクア・マーストでは、「お見合いの結果」についてのご相談も、よくございます。
「こういう面が気になるけど、もう一度会った方が良いでしょうか??」という感じのご相談が増えているように思われます。

あなたが悩んでしまいがちなら、相談しやすい結婚相談所でご活動をお薦めします。

(仮交際に入れない理由 その2)こちらはOK返事を出すのに、いつも断られてしまう・・・

このケースは、注意が必要です。
何か、、、「お断りを受ける理由」があるからです。
こういう方こそ、結婚相談所の担当カウンセラーに、『お相手がお断りをした理由』を調べてもらって、そこの原因を一緒に改善していく必要があります。

何度も何度もお見合いを重ねても、月日が経ってしまうだけ。
経験豊富な結婚相談所の担当カウンセラーにご相談下さい。

3.仮交際に入っても、デートですぐにダメになる…

もしかすると、初対面では、短時間なので好印象なのかもしれません。
でも、デートを進めていくと、もっと詳しくお相手から見られてしまいますよね。

いったらキリがないほど、たくさんの要素が考えられます。

もし、あなたが『異性との交際経験がない』のであれば、
ぜひ、結婚相談所の担当カウンセラーに、毎回のデートを報告や相談をしながら進めましょう。
そういう一つ一つの経験は、きっと役立ちます!
最初はお断りばかりでも、だんだん、自信もついて、そのうち、良い人を見つけられるんです!

私達と一緒に、婚活経験を積んで、素敵な一人だけのパートナーを見つけましょう!
ココに、いろいろな要素を紹介しています。
ぜひご覧になってみてください。

4.担当と相談ができない

担当と相談できない

ここまでお話してきたことで「あてはまる!」と思われた方、本来ならば、これらのポイントは、婚活に行き詰まる前に担当カウンセラーから指摘があるはずのことばかりです。問題は、これらのポイントというよりも、あなたが【自分の担当に相談できないこと】だと思われます。

本来、結婚相談所で活動する最大のメリットは【悩んだ時に相談できる】ことです。

  • 申込したいと思える人がいない
  • 申込んでも申込んでも、お見合いが成立しない
  • お見合いでOK返事がもらえない…
  • 2~3度会ったらいつも交際終了してしまう
  • 真剣交際に入れない!

婚活していると、各ステップでいろんな悩みが出てきますよね。そのお悩みのほとんどすべてが、婚活先輩も悩んで通り抜けてきた道なのです。ですから、結婚相談所には、そのお悩みを解決するノウハウも蓄積されており、担当カウンセラーに相談すればいくつかの建設的なアドバイスがもらえるはずです。
相談ができない理由は何でしょうか?

(相談できない理由1)担当カウンセラーと合わない

婚活カウンセラーも人間ですので、相性が合う合わないは当然あります。
例えば:
ついネガティブに考えがちだから、とにかく明るく励ましてくれる人がいいな、と思っていたのに、担当は一緒に悩んでしまうようなタイプだった…暗くなるのでもう相談できない…。
逆に、ただ愚痴を聞いてくれるだけでいいのに、明るく励ましてくるのが負担…毎回頑張りましょう!と言われてつらいのでもう相談できない…。

相性の問題ですので、どちらが良い悪いではありません。この場合は、遠慮なく担当カウンセラーの交代を要求しましょう。会費を支払って受けているサービスなのですから、これはあなたの当然の権利であり、遠慮や気遣いは不要です。担当カウンセラーが変わることで、あなたの婚活に対する視点も変わり、行き詰っていた婚活が打開できるケースもあります。担当カウンセラーと良い関係性を築くことで、早め早めに相談ができ、婚活疲れもしにくくなりますよ。

(相談できない理由2)サポートが少ない

リーズナブルなコースの場合、担当カウンセラーの仕事はお見合いの調整のみ、後は自力で活動してね、という場合があります。相談する必要がなく、自分で活動を進めていける人にとっては、煩わしくなくてリーズナブルで、とても良いコースです。ですが、活動が行き詰ってきて「少し相談しながら進めたいな…」となると、サポートが少ないことは心もとないですね。そういう場合は、まず、所属する相談所にサポートが手厚い別のコースがないか?確認してみましょう。婚活を始めたばかりの頃は、とりあえず手軽に始められるコースでスタートする方が多いですので、コースの乗り換えはよくあることです。多少月会費などが高くなるにしろ、悩む時間、成婚までの期間を考えると、さっさと手厚いサポートコースに乗り換えた方が、結局は時間もお金も節約になります。

  • 利用できるシステム規模
  • サポート体制
  • 受けられるサービスの質と量

この3つは、結婚相談所の特徴が一番出る部分です。手厚いサービス/サポートを用意している相談所は、その分費用もそれなりにかかるかと思います。
「自分がどんなサービスを求めているのか?」
「自分が結婚するために、どの程度のサポートを必要としているのか?」
そこをよく見極めて、自分に合った結婚相談所を選びましょう。

ここまで活動してきた時間とお金がもったいない…できれば今の環境で成婚まで頑張れないか…?
そう思う気持ちはとてもよくわかります。ですが、今、あなたが婚活がうまくいかない…と思っているのも、経験したからこそわかったことです。この経験を活かして、婚活を仕切り直してこそ、ここまで費やしたお金と時間も無駄にならなかったと言えるのです。なにより、このまま不満を抱えたまま、会費を支払い婚活を続けることは、大きなストレスでしょう。
思い切って、婚活する環境を変えてみる、それが幸せな結婚への近道かもしれません。

PAGE TOP