交際終了(別れ話)は直接言わない!相談所にお任せを

交際の進め方

交際終了

仮交際はオンラインで並行して進める必要性について別の記事でご説明しました。

並行交際のルール

仮交際を進めていくなかで、
「最近連絡が取り合えていない」「この人とは違うな…」
という人も出てくるはずです。もう先は考えられないな、と結論が出ましたら、いたずらに引き伸ばさず「交際終了」の連絡をしましょう。双方にとって時間は貴重です。

交際終了は相談所経由で伝える

交際終了をするとき、気をつけて頂きたいのは「お相手には直接言ってはいけない」ということです。
必ず、所属の相談所を経由して伝えてください。
具体的には、あなたの担当に「〇〇さんとは交際終了でお願いします」と連絡するということです。終了の連絡を入れたら、お相手の連絡先は必ず削除してください。お相手に伝わるまで一両日かかりますが、その間にお相手からメールや電話があったとしても、出ないで結構です。申し訳ないと思う必要はありません。これがルールなのです。
担当の方から、失礼のないようにきちんと先方へ連絡を入れています。あなたは振り返らず、他の交際・お見合いへしっかり気持ちを切り替えてください。

なぜ自分で伝えてはいけないのか?

交際終了の連絡は、する方もされる方も傷つくものです。
ですが、並行お見合い・複数交際がルールで認められている以上、交際終了をいうこと/言われることは必ず起きます。これを避けることはできません。

自分では言いにくい…と迷ううちに時間が経ってしまう
第三者が伝えることで未練が残らない(引き留めにあわない)
わずらわしいことは相談所が代行(婚活疲れの予防)

婚活で一番大事なものは時間です。時間だけは不可逆であり、お金で買うことができません。
【交際終了は相談所経由で行うこと】これは双方の時間を無駄にしないため、気持ちのダウンを極力軽減するために生まれたルールなのです。

「別れ話をいつ言おう?」「どう伝えよう?」「引き留められたらどうしよう?」
そんなふうに悩む時間がもったいない!
相談所だからこそのルールに則り、情に流されず合理的な婚活を進めましょう。

無料相談予約をする

関連記事

お問合せに返信します〈LINE公式〉

LINEでお問い合わせボタン

海外駐在員の方へ